クレンジングバームとオイルの違いを解説

クレンジングバーム全般について

クレンジングバームとオイルに違いはあるの?

洗浄力の強いクレンジングを探している方の中にはクレンジングバームとクレンジングオイルのどちらを使おうか迷っている方もいると思います。

クレンジングバームは体温で溶かすとオイルの様なテクスチャーになりますしね。ちょっと似ているような感じがします。

美肌になるためにはクレンジングにこだわる必要があると言われています。クレンジングバームとオイルに違いがあるのでしょうか?

当ページでは、クレンジングバームとクレンジングオイルの違いを調べて紹介しています。どちらを購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

クレンジングバームとオイルの違い

クレンジングバームとオイルを固めたものなので、どちらも洗浄力は高いのですが、洗顔後のしっとり感など細かい部分で違いがあるので、それぞれの生活スタイルや肌質に合わせて選ぶのが良いと思います。

それぞれの違いを下記にまとめてみました。

項目 バーム オイル
洗浄力
使い勝手
保湿力
肌へのダメージ

※上記の表はあくまで目安ですし個人的感想です。商品の成分構成や特性、メーカーによって違う可能性があります。

洗浄力はどちらも高い

洗浄力はどちらも強く、濃いメイクはもちろん、ウォータープルーフのマスカラ、頑固な皮脂汚れ、毛穴詰まりや黒ずみもスッキリ綺麗に洗い流せるものが多いです。

毎日の化粧落としから、毛穴トラブル解消のためのスペシャルケアまで広範囲に活躍してくれます。

使い勝手はオイルの方が良い

クレンジングオイルはプッシュタイプのボトルに入っている商品が多く、クレンジングバームはジャータイプの容器に入っている商品が多いです。

衛生面では、ジャータイプもスパチュラを使えば、どちらも衛生的に使うことができますが、使い勝手を考えるとワンステップで使えるプッシュタイプ(クレンジングオイル)の方が便利で使い勝手がいいです。

逆にクレンジングバームの方は、毎回蓋を開けてスパチュラで抄うので、ひと手間余計に掛かってしまいます。

どちらも油分が多いので、乳化を意識しながら使うことが重要な点は注意です。W洗顔が必要か不要化については商品によって違います。

保湿力はバームの方がある

保湿力についてはクレンジングバームの方がしっとり感が残りやすいです。

オイルクレンジングは製品によっては洗顔後にツッパリ感があり、皮膚が乾燥しやすい商品も多いですが、クレンジングバームに関しては潤いが残りやすいものが多いです。

もちろん、製品の構成成分などにもよりますが、保湿ケアやエイジングケアを考えるならクレンジングバームを選ぶのが良いと思います。

肌へのダメージはバームの方が低い

洗浄力が強いクレンジング剤は肌へのダメージや負担も強くなりがちです。両方とも洗浄力が強いのですが、クレンジングオイルの方がツッパリ感が残りやすい商品が多い点では肌へのダメージや負担が大きいと思います。

また、クレンジングバームにはクッション性がある素材やテクスチャーにこだわっている物もあり、摩擦や圧力によるダメージや負担が軽減されている製品も多いです。

その為、肌へのダメージを減らしたい方にもクレンジングバームはオススメです。

使い勝手ならオイル、潤いを考えるならバーム

使い勝手から考えるとオイルタイプのクレンジングがオススメです。お風呂(バスルーム)でも片手で使えるのは便利です。特に仕事や家事などで忙しい人には簡単に使えるのは嬉しいですね。

また、洗い上がり後によりしっとり感を求めるならクレンジングバームがオススメです。クレンジングバームなら効果的に美容成分を肌に残すことができます。

管理人がお気に入りのクレンジングバーム『ビューティークレンジングバーム』の使い心地や口コミ・効果は下記のページで紹介しています。

▼ビューティークレンジングバームの効果・口コミ▼

敏感肌の方はジェルやミルクがオススメ

メイク残りはニキビや肌荒れの原因になるので綺麗に落とすのが基本です。ですが、敏感肌や肌が弱い方にはクレンジングバームやオイルでは洗浄力が強すぎる可能性もあります。

そんな方には、『ウォーター、ジェル、ミルク』あたりの肌に優しく柔らかいテクスチャーのクレンジングがオススメです。

肌の状態や調子を見て、使い分けるのも有効です。

タイトルとURLをコピーしました