ビューティークレンジングバームに副作用はない!危険性、「毒性を調査

ビューティークレンジングバーム関連情報

ビューティークレンジングバームの副作用を調査

ビューティークレンジングバームは口コミサイトで大人気のバームタイプのクレンジング剤です。メイク汚れはキレイに落とせるのに美容成分はしっかり肌に残るので、エイジングケアを意識している女性にオススメの商品です。

そんな美肌を目指す女性に好評なビューティークレンジングバームですが、副作用がある様な危険性の高い成分は含まれているのでしょうか?

当ページではビューティークレンジングバームに副作用がある様な危険性、毒性の強い成分が含まれているのかを調べてみました。

これから、購入を検討している方や、敏感肌、肌が弱い方はぜひ参考にしてください。

ビューティークレンジングバームに副作用の心配はありません

結論から書きますが、ビューティークレンジングバームは医薬品や医薬部外品ではなく、一般的な化粧品なので危険性の高い成分は使われていません。

その為、ビューティークレンジングバームには副作用の心配はありません。安心して使うことが可能です。

無添加に対するこだわりが凄い!

ビューティークレンジングバームは、皮膚への負担やダメージに繋がる可能性がある添加物の不使用にこだわっています。

無添加成分

  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 合成香料フリー
  • 合成着色料フリー
  • 石油系油脂フリー
  • 鉱物油フリー

特に仕事をしている方などは、毎日ガッツリメイクをしていると思います。そういう方にとっては毎日使うものなのでなるべく肌に優しい方が助かります。

低刺激にこだわっている点も肌が弱い方には嬉しいポイントです。

国際規格ISO9001取得の工場で製造

ビューティークレンジングバームは製造工程にもこだわっていて、品質を保つためのマネジメントシステムの規格、ISO9001を取得した工場で製造されています。

その為、不良品や低品質、不衛生な製品が出来るリスクも少なく安心して使用することが出来ます。

ただし、アレルギーなどの化粧品かぶれの可能性はゼロではありません

植物由来成分や低刺激成分など、どんなに肌に優しい原材料でも使用者の肌との相性でアレルギー症状などの化粧品かぶれを置こす可能性はゼロではありません。

ビューティークレンジングバームが原因で赤みや腫れ、湿疹、痒みなどの症状が出た場合はすぐに使用を中止して皮膚科等がある病院の先生に相談してください。

品質安定のための含まれている成分を徹底分析

ビューティークレンジングバームには品質を一定に保つために少量の防腐剤など、安全性に留意しながら最低限の添加物が含まれています。(防腐剤や品質安定剤などを入れないと品質が低下して逆に危険です)

使われている添加物をいくつかピックアップしてみました。

フェノキシエタノール

昔から抗菌や防腐剤として使われてきた物質です。長年の使用実績があり、ほとんどの人が皮膚刺激性や皮膚感作性も問題なしとされています。

また、ビューティークレンジングバームでは、ほんの少量しか使われていない為、多くの人に問題がない成分です。

レシチン

大豆や卵黄から抽出される素材で、化粧品では乳化剤として使われることが多いです。天然由来成分なので安全性が高く副作用の心配もないので多くの方が安心して使える素材です。

塩化Na

増粘調整剤や乳化・懸濁安定化目的で化粧品に配合されています。塩化ナトリウムに様々なミネラルを含んだものが食塩と呼ばれるものです。昔からの使用歴があり、皮膚への刺激性や感作性もほぼ無いので多くの人が安心して使える成分です。

実際に使ってみて感じた効果や口コミを紹介

当サイトでは管理人みずからビューティークレンジングバームを実際に使用して、使い心地や効果、口コミを紹介しています。実際に使って感じた効果や口コミが気になる方は下記のページを参考にしてください。

▼管理人の効果・口コミ・レビュー▼

タイトルとURLをコピーしました